いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

何故働き方改革が求められているのか?

最近良く聞く、働き方改革、何故今働き方改革の推進が求められているのでしょうか?

 

人口減少が著しい中、ワークスタイル変革や働き方改革により、企業も労働環境の見直しを考える必要に迫られています。

リーマンショックから立ち直り、安定した状況が続いている日本経済。しかし、企業にとっては人口減少による労働力不足が大きな課題となっています。人口減少に歯止めをかけるため、政府は少子化対策にも積極的に力を入れていますが、あまり成果が出ていないのが現状です。そのため、今後日本の労働人口は減り続けると見られています。

 

そのような状況の中、人手不足により、経営に影響が出始めている企業もあり、営業時間の短縮やサービスや事業の低下、事業の縮小などを余儀なくされることも少なくありません。また、労働人口が不足し始めると、賃金が高くなる傾向があり、人件費の負担も重くなります。

人口の低下が見られる日本では、労働人口が減少していることに加えて、日本で慣習化している長時間労働や残業といった働き方が日本経済の低下につながると指摘されています。そのため、働き方改革によって生産性を向上させ経済を発展させることが働き方改革の目的です。

 

  1. 長時間労働の慣習を改善する必要性

長時間労働による過労が、報道されることが多くなりました。

経営者として、これは見逃せない問題です。ワークスタイル変革や、働き方改革を考える上でも重要ですが、何より経営者として企業のイメージダウンは避けなければなりません。万一、長時間労働による健康問題で訴えられたら、営業活動に支障が出るでしょう。また、今後の採用活動にも影響が及び、企業にとっては大きなダメージとなります。 これまで慣習的に社員に長時間労働をさせてきた企業にとっては、すぐに改善するのは難しいかもしれません。しかし、できるだけ業務を効率化し、労働時間を減らしていく方向で進める必要があります。付き合い残業や効率の悪い作業などを徹底的に減らし、長時間労働の習慣を改善してく必要があります。

 

  1. ダイバーシティ(多様性)マネジメントの推進と生産性向上

労働人口の減少や長時間労働の改善など、企業にとって生産性の低下を招きかねない問題を解決するためには、ダイバーシティという考え方が重要になってきます。ダイバーシティマネジメントとは、これまで採用を控えていた子育て中の女性や高齢者、外国人など多種多様な人材を確保し、生産性の向上につなげていこうとする経営方針です。 単なる人材の確保ではなく、高度な能力や技術の活用、国際化に対応した取り組みとして注目を集めています。特に外国人の採用が目立ち、海外市場や外国人観光客の増加を視野に入れた人材の育成が期待されています。 ダイバーシティマネジメントの推進には、ワークスタイル変革や働き方改革が欠かせません。労働時間や業務の仕方を改善することで、多様な人材が活躍できる職場づくりが可能となるのです。