読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

就職課活用ファーストアクション

 みなさん こんにちは!成人の日の昨日は、大雪となりましたね。今朝は晴れていてホッとしましたが、朝夕は日陰の箇所などが凍結しますので、車の運転をされる方、公共交通機関での移動の方も、事故やケガのないよう気をつけてくださいね!

 

 さて、前回のブログで「まず就職活動は就職課・キャリアセンター(以下就職課と記述)を活用することから始めてみましょう!」ということをお伝えしました。今回は前回に引き続き、その就職課活用のポイントについて少し詳しくお伝えしたいと思います。

 

 まずファーストアクションとして、「就職課主催の学内の就職イベントに参加してみる!」ということです。

 

 

 就職課に行くと学内外の様々な就職イベントの案内があります。「学内外問わず一通り行った方が良いのでは?」との意見もあるかと思います。もちろん、現時点で「やりたいこと」「就きたい職種」が明確になっている方は、学内外問わず参加企業をチェックして、希望に沿う業界・企業があれば積極的に参加すべきです。

 

 ですが、もしそれらが明確でなく「何となく」で参加するのであれば、授業を休んでまでいく「時間」が無駄になりますし、学外であれば当然交通費もかかり、回数が増えればそれらも馬鹿になりませんよね?実際に私自身、「就職イベントは何十回と参加しているのに結果(内定)を得られなかった」という学生をこれまで何人も見ています。

 

 では、「やりたいこと、就きたい職種」がわからない場合はどうしたら良いのか?

 

 ここで、文頭でも述べたファーストアクション(「就職課主催の学内の就職イベントに参加してみる!」)を実行に移すのです。「やりたいこと、つきたい職種」が分からないからこそ、知名度や、企業規模だけで絞らずに、学内の就職イベントに参加している企業を1社でも多くまわり、まず人事の方の話を聞いてみるのです。

 

 もしそこで話を聞いてみて、「違うな」と感じたとしても、そこから何かのヒントを得たり、色々な企業で話を聞いていくうちに少しでもピンとくる仕事や企業が見つかればそこから掘り下げて、深く探していけばよいのです。加えて、学内でのイベントであれば、授業を休まず済みますし、交通費などの出費も抑えられますよね。

 

 「まずは学内就職イベントから、手掛かりを得る」、それが就職課活用ファーストアクションです!!