読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

営業職の真の魅力

 前回、事務職の希望者がとても多いというお話をさせていただきました。その一方で営業職への希望者は少なく、営業に対して「夜が遅い」、「不安定」、「ノルマが大変そう」という印象を持っている学生の方が多かったように思います。そこで、今回は「営業職」について少しご紹介したいと思います。

 

 

 まず、企業が商品・サービスを販売する上で、その相手が「人」である限り、「営業職」は絶対に必要とされる職業です。例えばボールペン。開発者や技術者がどれだけ優れたボールペンを開発・製造したとしても、その素晴らしさを販売店であるお客様へ伝え、そこで取り扱いをして頂かなければ、そのボールペンは店頭には並ばず、消費者である皆さんの手元へは届きません。

 

 

 そして、そんな営業職の魅力。それは何と言っても「人との関わり」です。もちろん、数字を積み上げる楽しさや、成果が明確であることでのやり甲斐もあると思いますが、何より営業活動にはお客様一人ひとりとの出会いがあります。その出会いから少しずつ距離が縮まっていき、そこから感動が生まれたり、更に新たな出会いに繋がったり。そんなたくさんの出会いを通して、自分も磨くことができる。それが営業職の魅力であり醍醐味なのです。

 

 実は、私自身も営業経験者です。というより、社会人になってからのほとんどの時間を営業職で過ごしています。今でも未熟な私ですが、もっと未熟だった新社会人の頃、そんな私と真剣に向き合い話をしてくださったお客様、本気で叱ってくださったお客様、信頼して仕事を任せてくださったお客様、そんな方々との出会いが、「営業」として「社会人」として、そして何よりも「人」として成長させてくれました。

 

 

 人は一つの人生しか生きることができませんが、私は「営業職」という仕事を通して知り合った多くの方々の人生から、様々なことを学ばせていただいています。もちろん、辛いこと感じることもありますが、「人との出会いや繋がり」はいつもそんなことを吹き飛ばしてくれます。営業職の真の魅力は、実はこういうところにあると私は経験をもって皆さんにお伝えしたいと思います。