いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

就職活動「12月解禁」が意味するもの

 8月に入り夏まっただ中という感じですが、今年の夏は今のところそれほど暑くない毎日ですね。皆さんは体調など崩しておりませんでしょうか。

 

 

 さて、学生の皆さんは現在夏休みだと思いますが、大学3年生でこれから就職活動が控えているという方は、この夏休みから秋にかけての時期をどう過ごして12月からの本格的な就活シーズンにつなげていくのか、悩まれる方もいることでしょう。そんな方々に向けて、これからしばらくの間、この夏から秋にかけてどのように過ごしたら良いのか、そんなお話をしていきたいと思います。

 

 

 昨年より、就職活動の解禁が12月1日になりました。ですから、「就職活動は12月から始めれば良い!」と考える方もいることと思います。それはたしかにそうなのですが、解禁は12月でも、それ以前にどのような準備をしているかで、結果は大きく変わってくるのかもしれません。

 

 

 「12月解禁」、これが意味するものは、新卒向けの就職情報サイトが一斉にオープンして、企業の採用情報を見てプレエントリーができる状態であるということです。確かにそこから実際の就職・採用活動が始まるわけですが、それ以前から情報の収集はもちろん、様々な体験もできるわけです。そうして12月以前から着実に準備してきた人と12月1日にゼロからスタートを切った人とでは、スタート段階から差がついてしまう可能性がありますよね。

 

 

 だからこそ、今の時期から12月1日までの夏から秋にかけての時間をどう過ごすかは、とても大切になってきます。学業を頑張るのはもちろんですが、それ以外にどのような経験を積むのかもしっかり考える必要があるのです。ということで、次回からは具体的にどのように考え、どのようなことをしていく必要があるのか、そんなお話をしていきたいと思います。