読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

企業を読み解くには?

 前回は自分がやったことがどのように社会に貢献しているのかという観点から仕事を捉えるための一つの方法として、企業の経営理念を研究するという方法をお話しました。経営理念には、その企業の存在意義や社会貢献への考え方が織り込まれているケースも多く、その姿勢に共感できるかどうかが、企業を選択する上での大切なポイントになるということでしたね。

 

 

 この経営理念の他にも、こうした企業の姿勢や考え方を表すものとして、ミッション、ビジョン、社是、社訓、信条、経営方針、行動指針、クレドなど、様々な言葉があります。企業のホームページ等を見てみると、いろいろなメッセージが見つかると思いますので、こうした部分に着目してホームページを見てみるのも有効な方法であると思います。

 

 

f:id:ibaraki-career:20131115201717j:plain

 

 

 例えば、ハウス食品の経営理念は、『食を通じて、家庭の幸せに役立つ』。つまり、日本中の家庭の食卓にハウスのおいしさとやすらぎがあり、その食を通じて、それを取り囲む家族が幸せな家族団らんのひとときを育む。そんな価値観が垣間見えますよね。こうした価値観と、自分の価値観がフィットするかどうか、この部分が大切になるわけです。

 

 

 もちろん、経営理念を読んで共感するだけでなく、体験することができれば、それに越したことはありません。アルバイトやインターンシップで体験できればベストですが、それが困難なのであれば、その企業で働く人にOB・OG訪問のようなかたちで先輩社員に聞いてみることも一つの手だと思います。仕事をしている人の考え方ややりがい、辛さなどを知った上であれば、その企業に共感できるかどうかもおおよそ判断できてくるのではないかと思います。