いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

企業の視点を理解する【3】

 前回のブログでは面接についてお話をしました。面接にはどのような種類があるのかを確認するのと共に、グループ面接を例に上げ、企業は何に着目しているのか、それぞれの行動から「何」を見定めているのかという話でしたね。

 

 

 今回は個人面接についての話をしていきましょう。個人面接は企業によっては複数回行う場合が多く、社長や取締役といった役員方との面接や、複数の人事の方に対して一人で話すケースも存在します。グループ面接と違い一つ一つの質問に対して掘り下げて聞かれることが多い為、自分をアピールできる機会が多くあるのが魅力ですが、その分企業研究や自己分析が不足していると満足に答えることが出来ず、逆にマイナスの印象を与えてしまうといった危険性もあります。また、あえて高圧的な姿勢で行う面接もあり、面接を控えている方はその対策に余念がないかと思います。前回と同じく、面接時に企業は何を知りたいと思っているのか、に着目してその対策を考えていきましょう。

 

 

 面接で身構えてしまうものの一つが、回答に対して厳しく追及されたり、高圧的な態度で臨まれることです。「圧迫面接」などとも言われていますね。面接を受ける側にとっては避けて通りたいものですが、企業側にとってはメリットのある面接方法といえるのです。

 


 それはなぜか。まず一つは、応募者の本音を知ることが出来るということです。面接に大きく重点が置かれる最近の就職活動では、受け手側である学生も相当の準備をもって臨んでいます。入念に準備された回答が飛び交う中、応募者の本音を知る為にはどうしたらいいか。人は予想もしなかった出来事に直面した時、その本質がわかるといいます。想定外の質問を通して入念に準備された「鎧」を剥ぎ落とし、あなた自身の本音をさらけ出すことによって、採用者は応募者がどれだけ真剣に「入社したい」と考えているのかを図っているのです。

 


 もう一つに、応募者のストレス耐性を見極めるというのがあります。前回もお話しましたが、採用担当者は面接時の行動を通してあなたの入社後の姿を見ています。社会人になれば、想定外の出来事や厳しく追求される機会はいくらでもあります。予想外の出来事やストレスにさらされた時、どんなリアクションをとるのか。克服する為にどんな行動をしていくのか。あなたが困難をどう乗り越えようとするのかを企業側は見極めているのです。

 

 

 長く書きましたが、企業が考えているのは「いかに応募者の本音を聞きだす」のかということ。その有効な手法の一つが圧迫面接であるということです。企業が何を考えているのかが分かれば、対策も分かりますよね。どれほど厳しいことを言われても、意地悪な聞き方をされても「私がどんな反応をするかを見ているんだな」と思えば肩の力を抜いて対応することが出来ます。面接で緊張しがちな方は、それを考えるようにしてみてください。

 

 

f:id:ibaraki-career:20140326171954j:plain