読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

「頼ること」の大切さとは

 前回までのブログでは、面接の話題を中心にお話してきました。面接は人と人との語り合いの場。様々なシチュエーションに応じて対策を取るのと共に、相手の立場に立って考えることが大切だというお話でしたね。「自分が面接官だったらこの内容はどう思うか」など視点を切替えて考えると、意外な解決法が見えてきたりもします。

 

 

 今回は少し閑話休題。就職活動は皆さんの卒業後の将来を決める非常に大切な活動。目指す仕事についてや自分の手法について、今行っていることは本当に正しいのか・・・と悩むことが一度はあるでしょう。そんな悩みを抱えた時、皆さんはどうしますか?

 


 4月も中旬のこの時期は、就活生にとっては悩みの時期でもあります。内定を取れた人は、本当にこの企業に就職するべきか、もっといい企業があるのではないかと悩み、なかなか内定が取れない人は、自分に何が足りないのかと悩みながらも活動しなければいけません。自分一人では煮詰まってしまってどうしようもない時、頼りになるのは周囲の人々です。同じく就職活動をしている友人や、既に社会人として活躍している大学やサークルの先輩、大学の就職課のスタッフや、ゼミの教授、両親など、人によって相談する相手は様々でしょう。もちろん、最終的にどうするかを決めるのは自分自身でなくてはいけませんが、誰かに話を聞いてもらうだけで案外すっきりとするものです。話しているうちに自分の考えがまとまり、思いもよらなかった解決策が見つかることもありますね。

 

 

 「周囲を頼る」といった行動は、じつは社会人となってからも必要となってきます。自分ひとりでは解決できない事柄や仕事に向きあたった時、周りの協力を上手く得ることが出来るのか。一人で抱え込まずに適切な相談が出来ることは、社会人となってからも上手く自分をコントロールしていくことに繋がっていきます。もちろん、自分一人の力で解決できるのがいいことに変わりはありません。でも、ちょっと行き詰ってしまった時、相談できる誰かがいること。とても心強いとは思いませんか?

 

 

f:id:ibaraki-career:20140424131634j:plain