いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

半年間を振り返ると

 GWも終わり、ぐんと気温も上がってきました。過ごしやすくなる一方で、急な雨など梅雨の気配も近づいてきています。面接に出かけた先で思わぬ雨に降られぬ様、かばんの中には折り畳み傘を。ハンカチや小さなタオルを一枚余分に入れておくと、万が一濡れてしまっても安心できますね。

 

 

 12月から始まった就職活動も5月を迎えました。大手企業では内定を出し終え、採用活動が一段落している所も多くあるでしょう。特に2015年3月卒の大学生・大学院生に対する企業の求人倍率は1.61倍で、リーマン・ショック直後の2010年3月以来5年ぶりの高水準(リクルートホールディングス調べ)となっています。一方で、採用した入社予定者への満足度は2013年、14年と2年連続で下降傾向にあり、より優秀な人材を獲得する為の採用競争が一段と激しさを増すのでは、という予想もあります。いずれにせよ、就職活動を行っている学生にとって、今までとは違う風が吹いてきているようです。

 

 

 とはいえ、この時期に内定が決まっているのは多くても全体の半数程度。就職活動解禁の時期がずれていることもあり、引き続き就職活動を行っている学生の方がまだまだ多いのが現状です。ですが、周囲で内定をもらったという声がちらほら出てくると、多くの学生が焦りを感じ始めるのも事実。「何故あの学生は内定をもらえて自分はもらえないのか」「自分には一体何が足りないのだろうか」自信を喪失してしまい、就職活動が手につかなくなるほど「折れて」しまう学生や、迷走してしまい本来の目標を見失ってしまう学生が増えてくるのもこの時期と言われています。上手くいかないことへの焦りから普段はつまずかない面接でもつまずいたり、体調を崩してしまい本来の力を発揮できず、更に焦ってしまう・・・という悪循環に陥る方も少なくありません。

 

 

 ここでしっかりと自分を振り返り対策を立てるかどうかで、内定獲得への道が近くも遠くもなります。次週以降では、自身の就職活動について、今一度振り返り、今後の対策について少し考えていきましょう。

 

 

f:id:ibaraki-career:20140512191027j:plain