読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

2015年3月に向けて【1】 インターンシップとは

 前回までのブログでは、約1ヶ月に渡り自分の就職活動を振り返ってきました。現在の自分の課題はどこなのか。今後はどんなところに目を向けていく必要があるのか。このブログの中から、少しでも皆さんが抱える悩みや不安を解消するきっかけが見つかっていれば幸いです。

 

 

 7月に入り、「2016年卒採用」という言葉がちらほらと聞こえ始めてきました。リクナビマイナビといった大手就活サイトでは、6月から2016年卒業の学生を対象とした専門ページがオープンし、インターンシップの開催情報や合同説明会の情報を公開しています。6月~9月にかけてのこの時期は、大学3年生にとってインターンシップの実施時期。既に説明会や選考に参加している方も少なくないと思いますが、そもそもインターンシップとは何なのか。企業側は何を目的としてインターンシップを実施しているのか。今回からは、このテーマについて少しお話していきましょう。

 


 インターンシップは1997年に政府が「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」をとりまとめ、普及に乗り出していったことが始まりといわれています。新入社員の早期離職等の雇用のミスマッチが問題になってからは、仕事の実態を知る効果的な手法として注目が高まり、インターンシップを単位認定する大学の増加や、インターンシップ専用の合同説明会が開催されるなど、現在の就職活動に深く浸透する制度となってきています。

 

 

 インターンシップの大きな利点は、実際に職場を体験できるということ。紙面やインターネット上の情報でしか知らなかった業界・企業の内部に入ることで、実際にどのような仕事をしているのか、どんな人間が働いているのかを自分の目で確認することが出来ます。この時期インターンシップに参加することで、自分の方向性や興味の幅を絞り込む人も少なくありません。では、どのようにこの制度を活用していくべきか。次回以降、考えていきたいと思います。

 

 

 

f:id:ibaraki-career:20140703151234j:plain