いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

2015年に向けて【5】経験を糧にする

 前回のブログでは、インターンシップの際に心がけるべきことを中心にお話しました。インターンシップとは学ぶ場でもあります。失敗を恐れず積極的に取り組むことはもちろん、仕事をする上でしてはいけないことはなんなのか、といった、自身の行動が周囲にどのような影響をもたらすのかも学んでいくことが大切、というお話でしたね。

 


 今回は、インターンシップ後について考えていきましょう。インターンシップ終了後、みなさんの業界・職種に対する考え方はどう変わりましたか?業界に対するイメージが明確になり、仕事に対する熱意が更に高まったという人もいれば、厳しい指摘を受け自分の力不足に打ちのめされた、という苦い経験を経た人もいることでしょう。せっかく参加したのに自分の思ったような体験が出来ず、不満ばかりが残ってしまった・・・という人も中にはいるかもしれませんね。

 

 

 せっかく参加するのだからプラスの経験をしたかった・・・という方は多いと思います。志望していた企業に対してマイナスのイメージを持ってしまったりすると、参加しないほうが良かったのでは、と考えてしまうこともあるかもしれません。 しかし、そういったマイナスの経験も含めてインターンシップの醍醐味ではないかと私は考えます。仕事とは、社会とは。そして働く現場の中で、今の自分の能力はどの位置にあるのかを知ることが出来るのがインターンシップ経験です。例えマイナスの評価を受けてしまっても、課題を知ることができればそれは将来的にプラスに働きます。

 

 

 仕事とは直接関係なくても、仕事の中で先輩から何気なく言われた言葉や評価は自分の中に残っているもの。あとで振り返ったとき、それが自分の指針や自信となることも多くあると思います。プラスの経験もマイナスの経験も含めて、それを自分の糧と出来るかは皆さん自身の今後の行動で如何様にも変わってきます。就職に限らず、自分を大きく成長させる要素としていけるといいですね。

 

 

f:id:ibaraki-career:20140801155823j:plain