いばキャリブログ

茨城特化型求人サイト『いばキャリ』(新卒・既卒・第二新卒者対象)を運営するセキショウキャリアプラスが、就職活動をする皆様に役立つ情報をお伝えします。

IR情報活用のすすめ vol2

さて、前回はIR情報を活用することのメリットをお伝えしました。

今回は具体的にIR情報からどのようなことが読み取れるかを見ていきましょう。

f:id:ibaraki-career:20160916105008j:plain


■売上高
売り上げとは、商品・サービスを販売することによって得る代金の総額のことです。特に直近2~3年を重点的に確認しましょう。増加傾向であればよし、下降傾向であればその要因をしっかり押さえておく必要があります。下降傾向の企業は、大体IR情報のなかに要因が記載されています。

 

■営業利益・経常利益
売上高から、その商品・サービスをつくるのに必要な材料などの原価を引いた額です。決算資料のなかでは「売上総利益」と表されていますが、粗利という表現の方が耳にする機会が多いと思います。売上高が同じでも、利益が大きい企業のほうが事業がうまく回っていると考えられます。

 

■事業ごとの好調または、不調な要因
事業ごとに数字が出ているのであれば、好調の事業や、不調の事業もチェックしておきましょう。またその原因を企業はどのように捉えているかをチェックしましょう。これからどのような戦略を取ろうとしているのかもよく確認しておきましょう。

 

■経営方針
就活での志望動機を考える上で、その会社の経営方針をしっかり把握しておくことは大切です。多くの企業のIR情報には、「海外展開を強化する」等、今後の経営戦略が書かれています。


また、これらのポイントを踏まえて他社と比較すると、より理解を深めることができ企業研究に必ず役立ちます。
企業研究の際にIR情報を活用している就活生は少ないので、IR情報をしっかり読み解き、他の就活生に一歩リードして就職活動を進めていきましょう。